自分に自信のない顔つきをしている人が手軽に印象をよくする方法

かつて醜い容姿だった私は、ブスのための美容情報を発進しています。

「ブスかどうかなんて、人ぞれぞれの価値観によって違う」

ということが、事実と言えるはずです。

そのため、<不細工に見える人がいる>という表現が正しいのかな?と
(回りくどく、嫌味のようですが・・・他人の価値観は関係ない!ものです。)

私自身は、あまりに容姿がコンプレックスだったため
「整形手術」を受け、その結果として「多少マシになった」という事実があります。

その点に関して、全く後悔はしていません。

やってよかった、と思っています。

しかしながら、一般的にはそれほど気楽にできるものでもありません。

もちろん、私にとっても大きな決断でしたし
「親からもらった」といったことはよく言われますが
半端な覚悟ではできない、してはいけないことには違いありません。

そのため、少しでも迷っているのであれば
美容外科手術に関しては、おすすめできないものと言えます。

人の勝手、自己責任ではありますが、

考えに考えて、もう一度考えたうえで、決断しましょう。

また「覚悟」だけでなく、「お金」もかかるものです。

一方で、そういった大きな決断のいらない美容法というのも存在します。

というよりも、あらゆる美容法が世の中に溢れいて
頭の先から足の先まで、美しくなるための考え方は無限に存在する世界です。

自信があってもなくてもできることはやるべき

しかしながら、それでも<不細工に見える女性>が存在するということは
効果がない・意味がない(いずれにしてもブスにとって)が多いということです。

それらは、「並み以上の人間」のためのノウハウがほとんどと言えます。

そのため、

  • ブスがやっても効果があるもの
  • 確実に効果が出るもの

「ビフォー・アフター」の変化が、確実なものを実践する必要があります。

というのも、「落胆」は避けたいものだからです。

ただでさえ、他人よりも劣っていることで

「オシャレする気にならない」

「化粧とかどうでもいい」

そういった女性は、少なくないはずです。

だからこそ、「確実によくなる」という保証のある美容法が必要なのです。

改善のコスパが高いポイント

少ない労力で、最大限の結果を残したい

これは、美人・ブス関係のないことです。

努力に対する、費用対効果ともいうべきものですが
それが本来最も高まる状態というのは、「ゼロ」が「プラス」になった際ではなく
「マイナス」の状態が、「ゼロ」になった時であると言えます。
(そもそもブスじゃん!というつっこみはナシで!)

「いい面」に伸ばすよりも、「悪い面」をなくす方が効果が高いのです。

そういった面から考えた際には、もう1つの見方として
<本来は存在しないはずのもの>且つ<マイナスにしかならないもの>を
解消してあげることが、最もパフォーマンスの高いアプローチであるはずです。

そしてその対象とは・・・何を隠そう、「ヒゲ(顔の薄毛)」になります。

簡単だからやらなければ損

なんだ・・・そんなことか・・・

ツルツルの人にとっては、関係のないことも事実です。

しかしながら、ツルツルの人というのは存在しません。

「そうは言っても、私は大丈夫」という女性も多いと思います。

しかしながら、

この顔に生える産毛の問題に関しては、あまりにも軽視されています。

<顔面に産毛があるかないか>特に<認識できるほどか・ばれないか>

これによって、人の印象というのは劇的に変わります。

顔に生えている産毛の処理は、

  • 整形しなくてもできる
  • ダイエットのように苦しくない

尚且つ「結果」による変化が、最も大きな要素と言えるのです。

「女性には、髭が生えない」と思われているからこそ
「生えている・・・」という事実は、男性にとって衝撃的らしいです。

失礼を承知で、「体毛が濃い系ブス」というべき
体質的に、どの部分の体毛も<太くて硬い>女性は存在します。

というよりも、

産毛によって、マイナスのイメージが増大している状態は
<無駄に不細工に見えている>というに、相応しいと言えます。

そういった女性にこそ、本気で実践して欲しいと思います。

また女性というのは、20代の後半から
ヒゲを中心として、顔の産毛が濃くなります。

それは、女性ホルモンが減少していくことによって
相対的に男性ホルモンが「優位」と、なってしまうためです。

そのため、誰もが(ブスでなくても)無関係とは言えません。

顔面産毛のおすすめの処理方法

この産毛をどうやって処理すべきか、ということですが
最も一般的である、「カミソリ」での処理は一度やめましょう。

男性が使うような「T字型」を使っている人は少ないはずであり
「顔のシェービング専用アイテム」を使っている人が大半と思われますが
いくら「専用」といえども、肌へ刺激を与えてしまうことは避けられません。

そして、ヒゲというのは<刺激を与えるほどに濃くなる>特徴があります。

ここでは「抑毛クリーム」と呼ばれる、最新のアイテムを紹介します。
本来であれば、ムダ毛の処理は「脱毛」がベストと言えます。

それは「顔面」であっても同じであり、確実に丁寧に処理することができます。

ただし、「安くはない」というデメリットがあることも事実です。

しかしながら、抑毛クリームである「NOISU(ノイス)」

  • 肌を傷つけない
  • 美容成分を配合している
  • 脱毛と同じコンセプト(徐々に体毛を弱らせる)

「デメリットのないムダ毛処理」が実現できるアイテムであり
これは、極めて画期的なことと言えます。

  • カミソリ
  • 除毛クリーム
  • 脱毛

これらには、それぞれ「刺激」や「アレルギー」や「価格」といった
デメリットが必ず付属することになります。

しかしながら、抑毛クリームにはそれがないのです。

最近になって、やっと知名度が上がってきたアイテムであり
徐々に品薄状態となっているため、ぜひ早めに試して欲しいいと思います。

ムダ毛のケアは、<それによって確実によくなる>ことに加えて
「自信」を持つこと、美容ケアをすることに「意味」を持たせることが目的でもあります。

「自分なんか・・・」とは思わずに、「少しでもよくしよう!」という気持ち

「確実に上向く」こともある、と知って欲しいと思います。

プラスにしかならない、絶対に無駄にならない

そういった施策は、必ず実践すべきと言えます。